バイオグラフィーワーカー養成コース第9期週末フォーマット講師紹介


 

名古屋講師 中村かをる

 

1949年三重県生まれ 愛知県在住。

子育ての途上、アントロポゾフィー(人智学)に出会う。

20年に及ぶ家族の看護介護から人生に隠された意味に気付き、

2001年より近見冨美子主宰バイオグラフィーワーカー養成コース

(スイス・ゲーテアヌムSchool of Spiritual Science, General Section認定)

で学ぶ。2006年同コース修了、ディプロマ取得。

現在、東海地方を中心に活動。

 

 

一般社団法人バイオグラフィーワーク・ジャパン理事

バイオグラフィーワーカーズ・ジュピター会員

バッチ財団登録プラクティショナー BIEPL1愛知県担当講師

NPO日本次世代育成支援協会認定カウンセラー

一男二女の母クロイツ主宰  www.kreuz7.com

 

 

東京講師 樋原裕子

 

1962年島根県生まれ、東京都在住。

18歳で上京、アントロポゾフィーと出会い、後に渡独。

ドイツのオイリュトミー学校を卒業し帰国。

結婚出産を経、37歳で再び上京。土曜クラスでオイリュトミー教師をしながら、

近見冨美子主宰バイオグラフィーワーカー養成コースで学ぶ。

2006年同コース修了、ディプロマ取得。

2012年にはスイスでオイリュトミー療法士のディプロマを取得。

現在、主に教育現場でオイリュトミー療法を行いながら、仲間たちと

「教育とセラピーの場アルテミシア」を主宰、子どもの成長発達と

大人の自己教育のサポートをおこなう。

訳書に「バイオグラフィー・ワーク入門」(水声社)

 

 

バイオグラフィーワーカーズ・ジュピター会員

バイオグラフィーワーカー

オイリュトミー療法士

 

第8期、第10期、第11期集中フォーマット講師

 

 

 

  近見 富美子(ちかみ ふみこ)

 

1949年福岡県に生まれる。英国在住。

20代で渡欧、7年間を英国と南仏で過ごす。

帰国後、英語講師を経て、九州の山中で有機農場を始める。

40代で再渡英。サセックス州の「社会発展のためのセンター」で、

人智学に基づくカウンセリングとバイオグラフィーワークを学ぶ。

又グードルン・ブルクハルトに学ぶ。個人と社会の健全な成長と発展を願って、

2001年に養成コースを開始、以来今日までバイオグラフィーワーカーの養成に努めている。  

            

世界養成コースリーダーフォーラム創立メンバー

一般社団法人バイオグラフィーワーク・ジャパン代表

バイオグラフィーワーカーズ・ジュピター会員

 

3人の子と6人の孫に多くを学ぶ。