バイオグラフィーワークとは


  バイオグラフィーという言葉は、一般に著名な人々の生涯を書き記したもの「伝記」として知られています。け

 れど人智  学の土壌から生み出されたバイオグラフィーワークの焦点は、私たち自身の生の物語(ライフストーリー)

 なのです。一人ひとりのバイオグラフィーを、その人独自のものに形作るのは、私達が生きた経験です。

  人は日々誰かに出会い、経験を共有します。何かに心動かされ、また様々な思いが心を満たします。このような

 私たちの日々を織り成す、数え切れない瞬間経験が、私たちのバイオグラフィーに新たな彩りを加えてゆきます。

 強い印象を残す経験はもちろん、魂に一瞬光を投げかけ、あるいは影を落として過ぎ去って行く小さな出来事。そ

 のどれもが私たちの生の貴重な宝物であり、隠れたガイドなのです。バイオグラフィーワークは私たちの人生のそ

 こここにうずもれている宝物を掘り起こし、自分自身の経験に学ぶ自己教育のプロセスだとまず紹介したいと思い

 ます。

 

  ある時期は軽やかに、あるときは手探りで歩いてきた私たちの生の軌跡を、バイオグラフィーワークはシュタイ

 ナ教育の基本でもある7年周期に沿ってみてゆきます。この成長の7年サイクルに個人の成長の原型を見ること

 ができるからです。それぞれの時期における特徴や課題が個人個人の成長の軌跡の中にはっきりと読み取れるので

 す。たとえば最初の7年間の記憶やイメージの中に、すでに今日のあなたや私が見つけられるでしょう。それを7才

 から14才、14才から21才の経験が確かなものにしていったのではないでしょうか?

 さらに21才から28才、28才から35才と7年サイクルにそって、心に残るエピソードや人々、思考や行動の軌跡を様

 々なテーマにそってたどってゆくうちに心に響く発見がきっとあると思います。

   さらにゲーテの観察術のように経験の背後にあるもの、経験の本質を掴み取る過程を経て深めてゆきます。また

  クレヨンや水彩画、塑像、あるいは動きや物語の力を借りて、経験に表現の翼を与えることも、貴重な学びや新た

  な視界をもたらしてくれます。

  このような豊かなバイオグラフィーの活動を可能にし、そのスペースを暖かく支えるのがワークを共にするグルー

  プの存在です。それぞれのバイオグラフィーの旅を分かち合うグループとの交流の中で、ワークの新たな側面がう

  かびあがってきます。グループの中のひとりが語る記憶の中の情景や思いに深く耳を傾ける内に、聞き手の魂の中

  に呼応するものあるでしょう。そんな自分の心の深みでの動きに気 づくことから新たな心の扉が開くのです。

 

   

   また心からの言葉が聞き手の心に届くとき、その出会いから生まれ出るものがあります。そこに私たちをともに

  未来へ押し出す可能性と力が秘められていることも、やがて明らかになることでしょう。オープンで真摯な分かち

  合いの内に、ひとりでは見えなかった自分自身の魂の願いやテーマが少しずつ見えてくるのです。

  ルドルフ・シュタイナーは、私たちが生きている時代を意識的魂の時代と語りました。それまで外の世界に【神の

  世界】に生きていた魂が、それ自身の内なる世界に気づき、自らを意識するようになった時代だと。

   この時代、一人ひとりがそれぞれの個人性を追及してゆく過程で、魂は孤立化の傾向を強めてゆきます。シュタ

  イナーは「社会的、反社会的諸力」をはじめ、心理学や社会に関する講義の中で、このような傾向に対応し、新し

  い人と人との関係を作ってゆく意識的な学びの過程を予見しています。自由意志と人間存在への深い理解のうちに

  育まれる人間の関係がこれからの時代と世界に求められているからです。

   その後第2次世界大戦の悲劇を経て、シュタイナーに学んだ人たちのよって大人のための自己教育の方法が創出

  されました。それがバイオグラフィーワークです。現代の孤立する魂の意味を明らかにし、新しい関係性に目覚め

  てゆくことを目ざす社会的なグループワークなのです。

  ルドルフ・シュタイナーがその多くの講義や著書の中で、繰り返し語った言葉があります。

 

  自分自身を知りたければ、世界(宇宙)を観察するがいい。

  世界(宇宙)を知りたければ、自分の魂の深みを観察するといい。

 

  個人と世界(宇宙)の深い結びつきを示すこの言葉に、バイオグラフィーワークが目指すものが集約されているよ

  うに思えます。




※第11期養成コースの募集は終了しました。

次回の養成コースについては、バイオグラフィーワーク・ジャパンまでお問い合わせください。