一般社団法人
バイオグラフィワーク・ジャパン紹介

アントロポソフィー(人智学)の人間観と世界観に基づくソーシャルアート、バイオグラフィー

ワークは、2000年秋、近見冨美子(現バイオグラフィーワークジャパン代表)によって日本に

紹介されました。翌年のクリスマスに、バイオグラフィーワーカー養成コース第一期がスタート

して以来、現在まで多様な背景を持つ参加者が養成コースで学んでいます。

 

一般社団法人バイオグラフィーワーク・ジャパンはバイオグラフィーワークの充実と
教育プログ
ラムの健全な発展を目的に201212月に創設されました。名古屋に
事務局を置くほか、
2014年には
豆高原に研修センター「対話の家」が設立されました。
教育プログラムでは
バイオグラフィーワーカー養成コースのほか、単発「最新情報」講座及び
人智学(アントロポソフィ)に基づくカウンセリング・心理療法を紹介しています。

バイオグラフィーワークは、アントロポソフィーのインターナショナルセンター、
ゲーテアヌム(スイス)School of Spiritual Science, General Sectionに属しています。

 

 

 【最新情報】
  バイオグラフィーワーカー養成ベーシックコース開催のお知らせ

    6月千葉でベーシックコースがスタートします。バイオグラフィーワーカー養成コースの詳細はこちらのリンクからどうぞ。

 

 

伊豆高原研修センター「対話の家」